投稿者「societas」のアーカイブ

ソシエタス総合研究所 第一回研究報告会 開催報告

2022年06月20日

 6月15日に、ソシエタス総合研究所 第一回研究報告会が無事開催され、会場とWebで合わせて30名の皆様にご参加いただきました。
 初めての報告会では、研究助成完了報告2題、ソシエタス総合研究所研究報告4題の合計6題の報告をいたしました。
 研究の後、すでに活動につながっている報告もあり、問題解決を指向した研究は今後もさらに発展していくと思います。
 研究報告者は大変緊張していましたが、「有意義な報告会でした」と参加者の方々からお声をいただき、これからもより一層調査研究に力を入れていこうと決意を新たにしております。
 当日は小雨の降る中でしたが、会場にお越しいただき、また、Webでご参加いただいた皆様も、接続等の不手際もありましたが、最後までお付き合いいただき、誠にありがとうございました。
 次回の開催もたくさんの皆様のご参加をお待ちいたしております。
 

 なお、当日の資料をご希望の方は、info@hashimotozaidan.or.jp までご連絡お願いいたします。ダウンロードのURLをお送りいたします。

公益財団法人橋本財団 ソシエタス総合研究所 第一回研究報告会 開催のお知らせ

2022年05月15日

延期いたしておりました、公益財団法人橋本財団ソシエタス総合研究所第一回研究報告会を6月15日 13時30分より開催いたします。

第一回研究報告会では、公益財団法人橋本財団 研究助成 完了研究報告、ソシエタス総合研究所2021年度活動報告、現在取り組んでいる研究について報告いたします。

ご関心のある方はぜひご参加ください。

詳しい内容につきましてはこちらをご覧ください。

また、事前のお申し込みが必要となりますので、こちらよりお申し込みください。(申し込み期限6/13)

研究/事業報告会開催のご報告

2022年05月11日

 この度、岡山市におけるホームレス当事者の声を聴き彼らの姿を可視化することを目的とした研究の最終報告、および本研究から着想を得て発案・企画した携帯電話支援事業報告を、本研究にご協力頂き携わってくださった団体の皆さま、そしてご関心をお寄せ下さった皆さまに無事ご報告することができました。

 まだまだ拙い研究ではありますが、本研究および事業が岡山市のホームレス・貧困施策および彼らに対する理解の一助となれば幸いです。

 また、報告会後の交流会においては各団体の皆さまと現在の状況や各々の課題などを共有することができ、今後課題解決に向けたさらなる交流の輪が広まることを期待しております。

  日時:2022年4月26日(火)14:00~15:30
  場所:ハッシュタグ岡山
     岡山市北区北長瀬表町 2-17-80 BRANCH岡山北長瀬内

  主な内容
    1.岡山市におけるホームレス研究調査報告(松田)
    2.携帯電話貸出事業現状報告(松田)
    3.参加団体交流会(現状報告と課題)

  *本報告に関する資料をご希望の方は、info@hashimotozaidan.or.jpまでお問い合わせください。

西日本豪雨についての調査協力者を募集します

2022年04月04日

このたび、外国籍住民の災害経験に関する調査を実施いたします。

<調査対象者>

2018年の西日本豪雨時に岡山市・倉敷市に住んでいて、西日本豪雨について覚えている外国籍住民の方

詳しい内容については、こちらをご覧ください。(英語版はこちらから)

ご興味のある方は、下記のアドレスまでお問合せください。

  研究員:相川 真穂 maikawa@hashimotozaidan.or.jp

福祉ロボット開発を通じた活動報告会 開催報告

2022年03月28日

 昨年に引き続き、公益財団法人橋本財団福祉助成プログラムのうち、研究分野の採択研究である中国短期大学松田文春先生のご研究の一環として、岡山県立岡山操山中学校の皆さんの福祉ロボット開発の活動発表会の開催のサポートを行いました。今年度はオンライン開催でした。

 松田先生による、中学生や高校生に対し、キャリア教育の一環として、福祉やロボット開発の活動を行った2年間の活動の振り返り、岡山県立岡山操山中学校の6グループの生徒の皆さんの研究報告、研究の指導をされた岡山県立岡山操山中学校の塩飽修身先生による福祉ロボット開発の実際の活動についてのご報告の後、美作大学地域生活科学研究所所長則次俊郎先生よりご講評をいただきました。

 生徒の皆さんのご報告内容は生活に不自由な場面を生活しやすく、楽しく変える取り組みであり、どの開発活動も、着想、製品作成、繰り返しの改善、利用者へのフィードバックなどを行い、丁寧で工夫に富んだものでした。

 この開発活動や、発表の機会が、今後の活動の更なる発展につながることを期待しています。

日 時  2022年3月23日10:00~12:00 オンライン開催

参加者  約30名

プログラム(福祉ロボット開発報告のみ)

 1 3Dプリンタを用いた福祉器具の製作~グループ研究を通して~

   三輪凌空 藤原咲歩 森宥太朗

 2 3Dプリンタを用いた自助具の作成~身体障がい者の方が持ちやすい形とは何か~

   林夏帆

 3 高齢者の生活の質を向上させる装置の製作~3DプリンタとArduinoを用いたリモコン立て~

   山根咲楽

 4 Raspberry Piを用いたロボット開発を通して

   岩藤悠一朗 花房晃人 河本侑樹

 5 3Dプリンタでオリジナル自助具を開発~ドアノブのアタッチメントのデザイン~

   西田衣織

 6 ダヴィンチminiを使用した片手コントローラの作成

   原深唯

福祉ロボット開発を通じた活動報告会のお知らせ

2022年03月03日

2022年3月23日(水)10時より、福祉ロボット開発を通じた活動報告会をオンラインにて開催いたします。

このオンライン報告会では、岡山県立岡山操山中学校の生徒の皆さんが福祉機器の開発を行った成果を発表します。

この活動は、福祉助成(研究)のうち、
「社会貢献を意識し自己有用感を高めるための教育プログラムの開発に関する研究-中高生による福祉ロボット製作過程を通しての考察ー」
(中国短期大学 松田文春先生)のご研究の一環となります。

新しい視点からの福祉機器の開発についてご意見・ご感想を頂ければ幸いです。

詳しい内容につきましてはこちらをご覧ください。

なお、事前のお申し込みが必要となりますので、こちらよりお申し込みください。

研究報告会 開催延期のお知らせ

2022年01月07日

 平素より幣財団の活動にご理解・ご協力頂き、誠に有難うございます。

 1月11日午後に予定しておりました、公益財団法人橋本財団ソシエタス総合研究所第一回研究報告会を都合により延期とさせていただきます。
 お申込みいただいた皆様、関係者の皆様には、多大なるご迷惑をお掛け致しましたことを、真摯にお詫びいたします。
 つきましては、日程等を改めて設定したいと思いますので、ご理解賜りますよう、お願い申し上げます。
 詳細につきましては決定次第、ニュースメール、ホームページにてお知らせいたしますので、何卒ご理解いただけますよう、よろしくお願い申し上げます。

 まずはお詫び申し上げます。

第一回研究報告会開催のお知らせ

2021年12月10日

2022年1月11日(火)14時より、第一回研究報告会をオンラインにて開催いたします。

このオンライン報告会では、公益財団法人橋本財団の研究助成で完了した研究の報
告と、ソシエタス総合研究所で現在取り組んでいる各国の移民政策の調査結果を
報告します。

詳しい内容につきましてはこちらをご覧ください。

なお、事前のお申し込みが必要となりますので、こちらよりお申し込みください。